気になる言葉 on 国語辞典

つい気になった言葉など、辞書で引いてみる

トウキビとキビとサトウキビ

ぼくは奄美大島生まれ。奄美大島のうちの部落あたりは、そこらじゅうに「サトウキビ」がある。大島弁では確か、サトウキビを「キビ」と言ったりもする。 沖縄県産 さとうきび 食用 3パックセット 出版社/メーカー: りゅうか商事 メディア: その他 この商品を…

「深謀遠慮」と「遠謀深慮」

三省堂の『新しい国語表記ハンドブック』を眺めていた。 新しい国語表記ハンドブック 第八版 作者: 三省堂編修所 出版社/メーカー: 三省堂 発売日: 2018/02/27 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る そこで発見したのは「遠謀深慮」という言葉。ぼく…

刷新の「刷」とトイレットペーパーの関係について

とあるところで「刷新」という語を使った。気軽に使ってしまったんだけれど、念のためと辞書を引いてみてちょっと驚いた。 たとえば『日本国語大辞典』には次のようにある。 さっ‐しん 【刷新】それまでの悪い面を一掃して事態を全く新しくすること。 「悪い…

「お釈迦」になればハッピーじゃん!?

「おシャカになる」という言葉を、いつ使ったのかは覚えていない。でも昔はわりと普通に使ったような記憶がある(捏造の可能性あり)。 ぼくはその当時から「シャカになるならラッキーじゃん!」なんて思ってもいたのだった。 釈迦 (新潮文庫) 作者: 瀬戸内…

「南氷洋」という言葉は消えつつある?

ぼくは52歳だ。給食に「鯨」が出ていた世代。そしてその鯨をとるのは「南氷洋」だった。 ぼくの世代で「南氷洋」という言葉を知らないのは「ちょっとおかしい」感じ。しかしどうやら、この言葉、死語になりつつあるらしい。 南氷洋捕鯨史 (中公新書) 作者: …

「立ちん坊」の意味

どこで覚えたのか、ぼくは「立ちん坊」とは「娼婦」のことを言うのだと思っていた(15年ほど前は、池袋から要町に向かう裏道にたくさんの「立ちん坊」がいた。今は知らない)。 図説 娼婦の歴史 作者: ヴィオレーヌヴァノイエク,Violaine Vanoyeke,橋口久子 …

「がんぐう」ってなんだ? にまつわる話など

「岩偶」と書く。字をみれば「ああ、あれのことじゃん」とわかる人が多いんだろう。ぼくは「岩偶」という文字を見ても、「いわぐう」などと読んでしまった馬鹿者だ。 この「岩偶」に出会ったのは『日本の土偶』なる本を読んでいたときのこと。 日本の土偶 (…

「アクセル・ジャンプ」の意味

たとえば。「トリプル・アクセル」ってのは、3回転半だ。「トリプル」を飛びながら、「アクセル」を踏み込んで半回転加えるわけだ。 …と、考えていたが、全く違った。 「アクセル・ジャンプ」って、アクセル・パウルゼンって人が考案したからそうよぶのか! …

「野辺」とはどこなんだ?

『折々のうた』(大岡信)を見ていた。 あはれなりわが身のはてやあさ緑つひには野べの霞と思へば(小野小町) 折々のうた (岩波新書 黄版 113) 作者: 大岡信 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2003/05/20 メディア: 新書 購入: 3人 クリック: 47回 この商…

フェロモンとはホルモンが外に出たもの

馬鹿なので、「フェロモン」というと、どうにも「エッチ」なイメージをもってしまう。ちゃんとした「生物学的」(?)用語なのであるなあ。しかも「ホルモン」とはごく近い関係であるようだ。 内分泌系のはたらきが個体の外にまで拡がったとき、その化学的信…

広辞苑7版で追加されていた「火砕サージ」

草津白根山の話。今回の噴火に関連して、いろいろと気になる言葉が登場してきた。そのひとつが「火砕サージ」。 www.nikkei.com 不勉強にして「火砕サージ」なることばをよく知らない。でも「きっと辞書にもなかろう」とチェックすると、『広辞苑』は先日発…

「アート紙」とはスーパーカレンダーで平滑にした紙。

「アート紙」ってのがどういうものか知らないのはぼくが馬鹿だからだ。 Epson UltraSmooth Fine Art Paper Rolls 出版社/メーカー: Epson メディア: オフィス用品 この商品を含むブログを見る だが『広辞苑』の「アート紙」が理解できないのはぼくのせいばか…

広辞苑第七版で「パンダ」を見る

新しい『広辞苑』が届いた。予約特典の『広辞苑をつくるひと』が思った以上に面白い。 それはともかく、せっかく新しい『広辞苑』がきたのでいくつか言葉をひいてみた。たとえば話題の香港パンダなど。 広辞苑の「パンダ」は挿絵なし。第六版から、語釈はち…

「おいしい」は「いしい」の丁寧語?

日経新聞に「おいしい」はもともと「いしい」であるとする文があった。 漢字で書くと「美しい」みたいだ。> 「おいしい」はもともと「いしい」 https://t.co/28QUjgzEkF— maeda hiroaki (@torisan3500) 2018年1月11日 そうなんだ! と思ったけれど、辞書に…

「雨足」は「速い」のか「強い」のか?

雨ばかりの10月だった。なんてことを考えていると、ふと「雨足」の語が気になった。「雨足」って「速い」んだっけ、「強い」んだっけ? たとえば小林多喜二の『蟹工船』には次のようにある。 小寒い雨がまだ止んでいなかった。四囲にもりもりと波がムクレ上…

「時化」って言葉の由来は?

明日は政権選択選挙。けれども問題は明日の雨。海は時化る(BGMは「傘がない」)。 井上陽水 - 傘がない RIJF2007 「傘がない」は大好きだ。ただ、「時化」はなんで「時化」っていうんだろうな。今はそれが知りたい。

芽が出なくても「発芽」というんだよ。

「発芽」は「芽を発する」なんだけど、でも「芽」がでなくても「発芽」と呼ぶのだそうだ。 『新しい高校生物の教科書』(栃内新、左巻健男)に次のようにある(ちなみにこの本はとてもおもしろい)。 やがて、胚が種皮をやぶって出てくる。これが発芽だが、…

「綺羅星」なんてものはありませんよ。

「綺羅星のごとく」という言葉がある。ふと「綺羅、星のごとく」なのか「『綺羅星』のごとく」なのかが気になった。 すなわち「綺羅星」というものがあるのかどうかが気になったって話。 丘の上の綺羅星 作者: 嘉門達夫 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 201…

「呼吸」は「異化」の一種

毎度恥ずかしい話ばかりするけれど、「呼吸」が「異化」の一種だなんて全く知らなかった。 生物の行う同化と異化≫ 光合成は外部から取り込んだ物質を、自分のからだを構成する有機物に変換する過程(同化の一種)だが、呼吸はその逆で、有機物の分解によってエ…

「食パン」って「食べる」パンのこと?

「パン」といえば、ふつうは食い物なのではなかろうか。わざわざ「食」パンと言わなくても、ぼくらはそれを食べる。なぜ、わざわざ「食パン」っていうんだろう? 他のパンへの差別じゃないのか。 パスコ PASCO 超熟 6枚切 出版社/メーカー: 敷島製パン株式会…

「近畿」って一般名詞なの?!

またしても恥ずかしい話をしたい。 ぼくは結構な期間を近畿地方(大阪)で過ごした。そんなぼくなんだけど、「近畿」って言葉の意味を知らなかった。どうやら本来「一般名詞」である様子。 近畿全図ポスター【2017年版】 出版社/メーカー: 塔文社 メディ…

「波浪」ってどっちも「なみ」じゃん?

台風5号の影響で、「波浪注意報」がどうしたなんて言葉をよくきく。ところで「波浪」って、「波」も「浪」もどっちも「なみ」。2つ重ねることで何を意味しているんだろう? 『三省堂国語辞典』をみるとなかなかラディカルな記述があった。 「波浪」をひくと…

「はんごうすいさん」を漢字で書ける人?!

「はんごうすいさん」って言葉はまだきっと死語じゃないと思う。「自然学習」なんて名前で「はんごうすいさん」がされることもあるんじゃないのかな。 でも「すいさん」単独ではどうだ? 少なくとも漢字で書ける人はいなくて「死んでる」んじゃないのか? キ…

山のような氷でも「氷山」じゃないものもある

新聞を読んでいると「氷山になる」という表現をみかけた。南極大陸にあった氷が割れて流れだした、って話を伝える記事だ。どうやら氷山は、「ある」か「ないか」でなく、「なる」ものであるらしい! www.nikkei.com

「いとこんにゃく」なんてものは「ない」(かもしれない)

ガキの頃に関西に住んでいた記憶でいうので間違っている可能性が高いけれど、関西ではあまり「シラタキ」なる言葉を使わなかった気がする。「シラタキ」のようなものを指していっていたのは「いとこんにゃく」だ。 ガキの記憶なのであやしいが、ぼくらは「い…

「藁」はなんで「わら」というの?

長ネギを育てる際は、通気のため(?)に地中に藁を埋めるのだそうだ。 長ネギなど植える予定はないけれど、ふとみたNHKの番組でやっていた。 【ノーブランド品】無農薬栽培国産稲わら (500 グラム)園芸用・ペット用・調理用 出版社/メーカー: 株式会社和楽 …

ビーバーは「しがらみ」をつくる

知っているだろうか?! とか書いても、みんな知ってることなんだろうなあ。「しがらみ」とは「柵」(さく)のことなんだそうだ。 ぼくは知らなかった…

「刺客」は「せっかく」?

『岩波国語辞典』を読んでいて驚いた。「刺客」は「せっかく」と読むのが本来らしいのだ。 せっかく【刺客】→しかく(刺客)。▷「しかく」は慣用読み。 恥ずかしながらきいたことがない(ような気がする)。

岩波国語辞典に「自衛隊」はない。

「おお、そうなのか」とちょっと驚いた。『岩波国語辞典』には「自衛隊」がないのだ。 たいていの辞書は「自衛」の子項目として「自衛隊」を掲載している。しかし『岩波国語辞典』は「自衛」のみ。下の写真は第7版。手元にあった第3版にも載っていなかった。

「みかじめ」料って、なんの代金だっけ?

「銀座でみかじめ料」なんてニュースが流れてた。「みかじめ料」って言葉、小説ではよくみたけれど、「みかじめ」ってなんだったっけな。 www.nikkei.com と、そんなときはもちろん国語辞典。