読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気になる言葉 on 国語辞典

つい気になった言葉など、辞書で引いてみる

大辞泉公式サイトがオープン。トップページにあった「ホワイトウォーター」

大辞泉公式サイトがオープンした。あちこちにいろいろと気になる言葉を表示して、クリックすると『大辞泉』第二版での説明を表示するようになっている。

ちょっと見ていて気になったのは「ホワイトウォーター」という言葉。

リバーカヤック大全―ホワイトウォーターを漕ぐためのテクニック (Man to man books)

リバーカヤック大全―ホワイトウォーターを漕ぐためのテクニック (Man to man books)

わりと一般的な言葉っぽいけれど、自分では使ったことがなかった。『大辞泉』第二版を引いておく。

急流・滝壺(たきつぼ)などで、白く泡立った水。また、そのような箇所。波が砕けてできる白い泡。

なるほど。言われてみればまさに「ホワイトウォーター」だ。ただ、あまりにも「そのまんま」なので、いかにも和製英語っぽい。

White Water

White Water

しかしちゃんとした英語だった^^。久しぶりに『OALD』第八版で「white water」を見てみよう。

a part of a river that looks white because the water is moving very fast over rocks:

ところで『精選版日本国語大辞典』によると「ホワイト」に「素人」の意味もあるそうだ。

素人。 *当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉一七「あの田の次という芸妓の如きは。中々ホワイト〈しろうとといふ事か〉にもめづらしい女だ」

なるほどね~。でもそこ以外でも用例はあるのかな。さすがにあるんだろうな。

当世書生気質 (岩波文庫)

当世書生気質 (岩波文庫)