読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気になる言葉 on 国語辞典

つい気になった言葉など、辞書で引いてみる

辞書にある「結婚」の定義を書き換える「ハッキング」活動

社会

海外の話ではある。

こうした恣意活動が必要な時期は過ぎたんじゃないかと思ってた。結婚の定義を「男と女が結ばれる」という定義を「二人が結ばれる」と書き換えているんだと(図書館などの辞書にステッカーを貼っているのだそうだ)。

注:下のビデオ、冒頭にCMが入ることがあります。

「二人が」ってのもまた、何かで問題になったりすんじゃないかと危惧したりするんだけど、大丈夫なのかな。

と、まあ、そんなわけで、「結婚」をチェックしてみよう。こういう言葉は当然『新明解』第七版から。

〈正式の〉夫婦関係を結ぶこと。

ちょっと外れだった。申し訳ない。『岩波国語辞典』第七版・新版も同じようなもんなんだけど、ちょっとの間どきどきするかもしれない。

夫婦となること。特に、男女の間で夫婦関係を生じさせる法律行為

「夫婦関係を生じさせる」の後には「行為」だとか何かが続くのではないかと、ちょっとどきどきしなかっただろうか。 それにしても「特に」という文言で、「現代的諸問題」にも対応する姿勢を示そうとしているんだろうな。

この人と結婚していいの? (新潮文庫)

この人と結婚していいの? (新潮文庫)

そういう「対応」姿勢は英英辞典にもある。まずは「対応」を意識していなさそうなものから。

たとえば『CAMBRIDGE英英辞典』。

a legally accepted relationship between a woman and a man in which they live as husband and wife

こういう記述がステッカーを張られるんだろう。では、配慮するとどうなるのか。

『コウビルド米語版英英和辞典』を見てみる。

A marriage is the relationship between a husband and wife.

「うまいっ!」という感じがしないだろうか。Cambridgeと比較すると単に「a woman and a man」を省いただけだけれど、そういう生物学的関係を「husband and wife」というロールプレイモデルにしてしまってる。

ところでブログを書いているぼくは、去年の11月に結婚した。結婚式の日に婚姻届を出した。しかし妻が「消せるボールペン」で書類を書いていて、あやうく無効扱いになるところだった。

役所で書類を再記入してきた妻は「私の書いたところはほんとに綺麗に消えてたわよ。あなた、いったい誰と結婚したのって感じだった」などと浮かれていた。