読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気になる言葉 on 国語辞典

つい気になった言葉など、辞書で引いてみる

「インフルエンザ」とは、天体の影響により流行する伝染病のこと。

自然 社会 歴史

インフルエンザ。英語では一般的に「flu」などという。flewみたいに発音する。


What is the flu? - YouTube 

辞書をみれば、「influenza」の短縮形だと書いてあるんだけれど、短縮して「flu」になるというのがどうも納得いかない。

それはともかく。まずは『日本国語大辞典』で定義を見る。

インフルエンザ
〔名〕
({英}influenza 元来はイタリア語で「影響」の意)《インフリュエンザ》 伝染性の強い熱病。感冒の一種。ウイルスによって多く冬期に起こり、A・A1・A2・B・Cの五型がある。一九一八~二三年にかけてのスペインかぜや一九五七年のアジアかぜなど、世界的な大流行をみることがある。呼吸器道粘膜にカタル性炎症を生じ、高熱を発し、筋肉痛、全身倦怠などを伴い、急性肺炎を起こしやすい。流行性感冒。流感。

なるほど。やはり「influence」と関係する語なのだな。それならばと『ランダムハウス英和大辞典』第二版を見る。語源解説が面白い。

1743.<イタリア語<中世ラテン語 influentia; イタリアで16世紀始めから天体の影響とみなされる大流行の伝染病を指したが、1743年のイタリア風邪[流感]から各国語に借用された;→ influence

そうなんだ。インフルエンザは「天体の影響」によるものだったんだ。それであれば「マスク」や「手洗い」など、人知のごときで対抗できようはずもない。

インフルエンザの最新知識Q&A〈2012〉パンデミックH1N1 2009の終焉を迎えて

インフルエンザの最新知識Q&A〈2012〉パンデミックH1N1 2009の終焉を迎えて

 

「influence」の語源欄も見てみる。

中期英語<中世ラテン語 influentia 星の感化力;中世には星の光が体内に流れ込み心身に影響を与えると考えられ、のちに一般的な「影響」という意味になった;→ influent、influenza

「狼男」なんかと同列の存在なんだな。インフルエンザが一気に流行り、そして恐ろしい破壊力を持つものであることがよくわかった。

インフルエンザ パンデミック―新型ウイルスの謎に迫る (ブルーバックス)

インフルエンザ パンデミック―新型ウイルスの謎に迫る (ブルーバックス)