読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気になる言葉 on 国語辞典

つい気になった言葉など、辞書で引いてみる

キワドイ意味も意外に平気な国語辞典 ~ 「ペット」

動物

うさぎは名前も覚えてくれるし、多少の言葉の意味も覚えてくれる。一緒に暮らしていてとても楽しい存在だ。

そういう、一緒に暮らす動物のことを「ペット」と言うけれど、辞書には意外に「キワドイ」言葉も併記される。

広辞苑』第六版を見てみる。

ペット【pet】
(1)愛玩(あいがん)動物。「—の子猫」
(2)お気に入りの年少者。

さらりと「お気に入りの年少者」なんて言葉を入れる。すげえなあ、『広辞苑』、と思ったところが、これが国語辞書の常識である様子。

『明鏡』も2番めの語釈は「お気に入り。また、年少の愛人」となっている。

なるほどなあと思いつつ、それならば『新明解』第七版あたりが挑戦的な語釈をしているかと見てみた。

ペット〔pet〕
その家庭で、家族の一員のようにかわいがる(小)動物。〔お気に入りの年少者や年下の恋人の意にも用いられる〕

ふむ。件の意味をカッコ入りにしているあたり、他の辞書よりもむしろおとなしい。どうやら『新明解』編集部もそう感じたのか、隣に「ベッドイン」という語を載せてバランスをとっている(そういうわけではあるまい!)。

ベッドイン〔bed in〕
異性と寝ること。

ふはは。語釈はよくわからないな。ちなみにこの「ベッドイン」は載せていない辞書も多い様子。

日本国語大辞典』はさすがに載っている。用例が素敵なので引いておこう。

ベッド‐イン〔名〕
({洋語}bed in ) 男女が性行為をすることを婉曲にいう語。
*いつか汽笛を鳴らして〔1972〕〈畑山博〉「あいにくね、今彼氏とベッドインしたとこなんよ」

何か「あいにく」なことがあったのだ。本題は「ペット」なので、そちらの方向はこの辺で。

幸せをよぶ花うさぎ

幸せをよぶ花うさぎ

  • 作者: うさぎと暮らす編集部,うさぎと暮らすオーナーさん
  • 出版社/メーカー: マガジンランド
  • 発売日: 2014/01/28
  • メディア: 大型本
  • この商品を含むブログを見る