読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気になる言葉 on 国語辞典

つい気になった言葉など、辞書で引いてみる

広辞苑に「さよなら」はない。

今の『広辞苑』に「さよなら」はない。

さよなら
〘感〙
「さようなら」に同じ。

「なんだそういう話か」と思われたかもしれないけれど、実は多くの辞書に「さよなら」はある。『新明解』第七版を見てみる。

さよなら
一(感) 「さようなら」の短呼

ニ (1) (自サ)A 別れを告げること B それまでかかわってきた物事や人と縁を切ること

(2) 〔野球で〕後攻チームが同点で迎えた最終回に、勝ち越し点をあげて試合を終了させること

同点じゃなくてもサヨナラゲームはあるだろうとか(逆転サヨナラもサヨナラの一種だろう)、言いたいことはある。 

まあそういう話は置いておいても、「さようなら」の短縮版以外の例として「サヨナラゲーム」や「サヨナラ公演」などを挙げる辞書は多い様子。確かに「さようならゲーム」とは言わないように思うな。

ちなみに『岩波国語辞典』も、とくに「さよなら」を説明してはいないものの、「さよなら」の項目に「さよなら演奏会」の例は示している。

きっと『広辞苑』第七版には「さよなら」が立項(空項目ではなくなる)されると思うのだけれど、どうだろう。 

伝説から神話へ 日本武道館さよならコンサート・ライブ [Blu-ray]
 

ちなみに今の『広辞苑』。「さようなら」も実は独立した項目ではない。「さよう」の下位項目なのだ。

さよう【然様・左様】
(略)― なら【左様なら】〔感〕(元来、接続詞で、「それならば」の意)別れの挨拶後。

さよならコンサート

さよならコンサート