読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気になる言葉 on 国語辞典

つい気になった言葉など、辞書で引いてみる

ちょっと前まで「ワールドカップ」なんて言葉はなかったのだ!

スポーツ

むかしはスポーツの祭典を「ワールドカップ」と呼ぶことはなかった。「ワールドカップ」という言葉は、Jリーグの誕生とともに使われるようになった言葉なんじゃないかと思う。

エビデンス? たとえば『広辞苑』の第三版。

1983年に刊行された第三版。その当時は「ワールドカップ」なんて語はないに等しいものだったのだ。

いろいろと話題になった『新明解』の三版の場合も、「ワールドシリーズ」はあるけれど「ワールドカップ」はない。

今はまあ、スポーツの世界大会であればなんでも(?)「ワールドカップ」と呼ぶようにはなっている。『広辞苑』の現行版を見る。

Jリーグによりサッカーが広まり、そして「ワールドカップ」という言葉の認知度があがった(サッカーワールドカップに出場できるようになるなんて考えていなかった人も多いだろう)。なんでもかんでも「ワールドカップ」と呼ぶようになった頃、いろいろと違和感を感じていたな。今はまったく自然に用いているけれど。

ちなみに今はラグビーのワールドカップが開催中。「ラグビーは順位をつける競技ではない」なんていう「思想」もあって、ラグビーはなかなかワールドカップを行わなかったのだった。

今大会で好きなシーンはこれ。有名になった五郎丸の「ルーチン」を観客女性が真似をしている。とてもかわいらしい。

 

闘争の倫理: スポーツの本源を問う (鉄筆文庫)

闘争の倫理: スポーツの本源を問う (鉄筆文庫)