読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気になる言葉 on 国語辞典

つい気になった言葉など、辞書で引いてみる

「わや」は「全国で用いる方言」だった!

『王国の独裁者』という本を読んでいると、気になる表現が出てきた。「何もかもワヤ」という表現だ。

王国の独裁者 (ウェストマーク戦記 1)

王国の独裁者 (ウェストマーク戦記 1)

 

ぼくはてっきり「わや」という表現は関西弁なのかと思っていた(ぼくは中高と大阪で過ごした)。

しかし純然たる関西弁であれば、こういう翻訳本であえて使う意味もない感じ。 『日本国語大辞典』をみてみた。

わや
(「わやく」の変化した語)
(1)道理に合わないこと。無理を言ったりしたりすること。また、そのさま。無法。無茶。
(2)駄目なこと。無駄なこと。むちゃくちゃになること。だいなしになること。また、そのさま。
(3)もろいこと。弱いこと。また、そのさま。
(4)うそ。にせ。近世の芝居者の通言。

ふむ。どうやら古語の「わやく」がオリジナルであり、もしかすると「共通語」なのかもしれない。 『古語大辞典』もみてみよう。

わやく
無理なこと。無法。むちゃ。また、悪ふざけ。腕白。「わや」とも。

ふ〜む。さらに「古語」の時代から「わやひん」(わや品)なんて言葉もあったみたい。

わやひん【わや品】
悪質の品

古語にも方言があったのかどうかとか、どう扱えば良いのかとかを、不勉強にして知らない。しかしとりあえず「方言」であるとの注記なく、「古語」の時代には全国で(?)使われていたんだろうか。

「方言じゃなかったのか〜」なんて思いつつ、他の辞書にもあたってみた。

たとえば『三省堂国語辞典』。

わや(名・形動ダ)〔西日本方言
(1)だめ。
(2)めちゃくちゃ。

おっと、「方言」であると記されている。『広辞苑』はどうだろう。

わや(関西方言。「わやく」から)
(1)道理に合わないこと。乱暴なこと。無茶。
(2)もろいこと。よわいこと。
(3)だめなこと。めちゃくちゃ。

こちらも「方言」説だな。

やはり方言なのかな、と、最後にもう1冊だけと『新明解』をみてみた。

わや
大阪を中心として南は長崎、北は愛知・岐阜から北陸の方言〕めちゃめちゃだ。

わっはっは。新しい概念に出会ってしまった。すなわち「全国で使う方言」。

はたして、それだけあちこちで用いる「方言」は「方言」であるのかどうか。古語の時代にも「方言」と認識されていたのかどうか。また、『王国の独裁者』の訳者の方は、「方言」と意識しつつ何かの「あじ」を出そうと使ったのかどうか。

難しい話で、「さっぱわや」になってきた。

ちなみに訳者はロアルド・ダールなんかも訳している。

マチルダは小さな大天才 (ロアルド・ダールコレクション 16)

マチルダは小さな大天才 (ロアルド・ダールコレクション 16)

  • 作者: ロアルドダール,クェンティンブレイク,Roald Dahl,Quentin Blake,宮下嶺夫
  • 出版社/メーカー: 評論社
  • 発売日: 2005/10
  • メディア: 単行本
  • 購入: 4人 クリック: 38回
  • この商品を含むブログ (40件) を見る
 
マチルダはちいさな大天才

マチルダはちいさな大天才