気になる言葉 on 国語辞典

つい気になった言葉など、辞書で引いてみる

広辞苑第七版で「パンダ」を見る

新しい『広辞苑』が届いた。予約特典の『広辞苑をつくるひと』が思った以上に面白い

それはともかく、せっかく新しい『広辞苑』がきたのでいくつか言葉をひいてみた。たとえば話題の香港パンダなど。

パンダ【panda】
ネパール語で「竹を食うもの」の意)かつて近縁と考えられたジャイアント・パンダとレッサー・パンダの総称。普通、ジャイアント・パンダを指す。

ちなみに第六版には「ネパール語」云々の部分はない。これを記述している辞書は少ないかな。ちょっと見てみたところでは『大辞泉』くらい?

しかし『大辞泉』の語釈によると、ジャイアント・パンダ発見までは、パンダといえばレッサー・パンダのことだったとある。レッサー・パンダは竹を食わないんじゃないのかなあ。

そうだとすると「もともとパンダとはレッサー・パンダのこと」か、あるいは「パンダ=竹を食うもの」のどちらかが誤りなのかもしれないな。

参考までに『大辞泉』の冒頭部分も引いておく。

パンダ【panda】
ネパール語で、竹を食べる者の意》食肉目の哺乳類。ふつうジャイアントパンダをさすが、その発見まではレッサーパンダをさした。

 

広辞苑 第七版(普通版)

広辞苑 第七版(普通版)