気になる言葉 on 国語辞典

つい気になった言葉など、辞書で引いてみる

「密航」はどこに行く?

『チャレンジ小学国語辞典』を見ていた。出会った単語は「密航」だ。

みっこう【密航】
国の規則を破り、船や飛行機にこっそり乗り込んで外国に行くこと。

えっ!? 密航って、外国に行かなくちゃいけないんだっけ?

「そうじゃなかろう」と思いつつ『小学新国語辞典』をみてみた。

みっこう【密航】
手続きなしに、こっそり船や飛行機にしのびこんで、外国に行くこと。

が〜ん。こちらも「外国」が必要条件だと言っているぞ。

これは子供用辞典だから、極端な例を引いているんだろうと思いいたり、『明鏡』を見てみた。

みっこう【密航】
(1)旅券を用意する、運賃を支払うなどの手続きをとらないで、ひそかに外国へ渡航すること。
(2)規則を破って航行すること。

あれ? 大人用辞書でも「外国」が必要条件になっているな。おっかしいなあ。外国に行かなくても「密航」だと思ってたんだけど。

みんな外国かぶれなんじゃねーかと、『三省堂国語辞典』を見てみた。

みっこう【密航】
(1)船の中にかくれて、航海すること。
(2)規則を破って航海すること。

わはは!

「外国」は必要条件でなくなったけれど、「航海する」ことが課されたり、あるいは飛行機は密航にならないと主張しているな。

「密航」ってそんなに「いろんな意味がある」言葉だったか?

しょうがないから国民辞書(『広辞苑』)をみてみたよ。

みっこう【密航】
法を犯してひそかに船や飛行機で外国へ行くこと。

残念。ぼくの負けだ。「密航」ってのに「外国」は必須らしいよ。

最後に。日本唯一の国語大辞典をみてみたよ。

みっこう[‥カウ] 【密航】

正式の手続をとらないで、船や飛行機でひそかに航行、または渡航すること。

ふっ! どうだ!

渡航」は確かに「外国に行く」ことだけど、「航行」は、単に「進む」くらいの意味だぞ! ようやく「外国」を必要条件とせず、他の制約も少ない定義に出会えたぞ。

 しかし。

なんでみんな、そんなに「外国」にこだわるんだ? 国内線でも「密航」できるよね、ふつうに考えれば。

ただし。それより妙なのは『三省堂国語辞典』の「船しか認めない」かな。面白い異端だ。


ロンドン警視庁などによると、ヒースロー空港に近いリッチモンドのビル

 

トミーテック 技MIX 技AC301 海自 P-3C 厚木

トミーテック 技MIX 技AC301 海自 P-3C 厚木