気になる言葉 on 国語辞典

つい気になった言葉など、辞書で引いてみる

「雨足」は「速い」のか「強い」のか?

雨ばかりの10月だった。なんてことを考えていると、ふと「雨足」の語が気になった。「雨足」って「速い」んだっけ、「強い」んだっけ?

たとえば小林多喜二の『蟹工船』には次のようにある。

小寒い雨がまだ止んでいなかった。四囲にもりもりと波がムクレ上ってくると、海に射込む雨足がハッキリ見えた。

これであれば「雨足」は「速い」のでなく「強い」のだろう。

続きを読む

「時化」って言葉の由来は?

明日は政権選択選挙。けれども問題は明日の雨。海は時化る(BGMは「傘がない」)。


井上陽水 - 傘がない RIJF2007

「傘がない」は大好きだ。ただ、「時化」はなんで「時化」っていうんだろうな。今はそれが知りたい。

続きを読む

芽が出なくても「発芽」というんだよ。

「発芽」は「芽を発する」なんだけど、でも「芽」がでなくても「発芽」と呼ぶのだそうだ。

『新しい高校生物の教科書』(栃内新、左巻健男)に次のようにある(ちなみにこの本はとてもおもしろい)。

やがて、胚が種皮をやぶって出てくる。これが発芽だが、最初に出てくるのは「芽」ではなく「根」のほうだ

続きを読む

「綺羅星」なんてものはありませんよ。

綺羅星のごとく」という言葉がある。ふと「綺羅、星のごとく」なのか「綺羅星』のごとく」なのかが気になった。

すなわち「綺羅星」というものがあるのかどうかが気になったって話。

丘の上の綺羅星

丘の上の綺羅星

 
続きを読む

「呼吸」は「異化」の一種

毎度恥ずかしい話ばかりするけれど、「呼吸」が「異化」の一種だなんて全く知らなかった。

「異化」ってのは(すごく恥ずかしいことなんだろうけれど)、ロシア・フォルマリズムないしアート用語としてしか知らなかった。

続きを読む

「食パン」って「食べる」パンのこと?

「パン」といえば、ふつうは食い物なのではなかろうか。わざわざ「」パンと言わなくても、ぼくらはそれを食べる。なぜ、わざわざ「パン」っていうんだろう? 他のパンへの差別じゃないのか。

パスコ PASCO 超熟 6枚切

パスコ PASCO 超熟 6枚切

 

で、辞書を引いてみた。恥ずかしながら知らなかったけれど、「食パン」ってのは正式に「本食パン」あるいは「本食のパン」ないし「本食」と呼ぶのだそうだ。

続きを読む

「近畿」って一般名詞なの?!

またしても恥ずかしい話をしたい。

ぼくは結構な期間を近畿地方(大阪)で過ごした。そんなぼくなんだけど、「近畿」って言葉の意味を知らなかった。どうやら本来「一般名詞」である様子。

近畿全図ポスター【2017年版】

近畿全図ポスター【2017年版】

 

たとえば『広辞苑』で「近畿」をみる。まず「一般名詞」として定義されている。

続きを読む

「波浪」ってどっちも「なみ」じゃん?

台風5号の影響で、「波浪注意報」がどうしたなんて言葉をよくきく。ところで「波浪」って、「波」も「浪」もどっちも「なみ」。2つ重ねることで何を意味しているんだろう?

三省堂国語辞典』をみるとなかなかラディカルな記述があった。

続きを読む