気になる言葉 on 国語辞典

つい気になった言葉など、辞書で引いてみる

その他

「ふりかざす」はニュートラル?

『チャレンジ小学国語辞典』の「ふりかざす」をみてちょっと驚いた。 ふりかざす【振りかざす】(1)頭の上にふり上げる。(2)自分の意見や考えのもとになっているものなどを、相手にはっきりと示す。(例)規則を振りかざして相手を非難する。 (1)の意味はいい…

「変格活用」を辞書で引いてみた。

中学のときに国語の文法で習った「サ変」とか「カ変」。「変」が「変格活用」のことなのは最初から知ってる。でもそういえば「変格活用」の意味を調べてみたことはなかったな。 『日本国語大辞典』をみてみた。 へんかく‐かつよう[‥クヮツヨウ] 【変格活用…

「グレー・カラー」は灰色の服?

いつか聞いたような気もするけど、忘れているな。「グレー・カラー」という語を国語辞典で見つけて驚いた。 見つけたのは『明鏡』だ。 グレー・カラー【gray-collar】オートメーション機器の保守・整備など、技術系の仕事に従事する労働者。ホワイトカラーと…

「裁判官」が誤解する「裁判官」。

裁判官による「説諭」ってのがすごく気持ち悪い。 刑事裁判で被告は「責を負うもの」ではあるが、裁判官によって「全人格を否定」されたり、「生き方」を「諭される」立場ではないはずだ。しかし「責を負う」立場として、裁判官の「説諭」を鼻で笑うわけにも…

「てにてに」は「もふもふ」の仲間?

多くの国語辞典が「てにてに」を立項している。これはなんか擬態語なんだろうか? たとえば「もふもふ」みたいな? 「てにてに」する動物はなんだろうなあ、とつい考えたくなるけれど、残念ながら「てにてに」は「もふもふ」の仲間じゃなかった。 てにてに【…

「でつぞう」ってなーんだ?

国語辞典(新明解)で「捏造」をみた。すると「でつぞう」の変化した形であると書いてある! ねつぞう【捏造】〔「でつぞう」の変化〕本当は無い事を、事実であるかのように作り上げること。でっちあげ。 げ。ほんとかよ。それこそ「捏造」じゃねえの?

「心字池」はなんのため?

「心字池」という言葉を知ったのは小学6年生の頃だ。ぼくはてっきり固有名詞なのだと思っていたけど、これは一般名詞みたいだね。あちこちに「心字池」が存在する。日比谷公園にもあるね。 そして一般名詞であるので国語辞典にも載っている。『広辞苑』あた…

「年月日」を辞書で引いてみた。

ほんとうは引いてないけどね。国語辞典で「年月日」を引こうと思うひとなんていないんじゃないのか? しかし「年月日」は、多くの国語辞典に立項されているようだ。『三省堂国語辞典』をみてみる。 ねんがっぴ【年月日】〔あることについての〕としとつきと…

「プラスアルファ」の正体は?

「プラスα(プラスアルファ)が欲しいね」なんて言い回しで、「プラスα」はよく耳にした言葉だったな。 ちなみにこの言葉、「間違いからうまれたんだ」と多くの辞書が記しているね。たとえば『新明解』をみる。 プラスアルファ〔+x(プラスエックス)の誤…

パン以外でも端っこは「耳」

英和辞典をみていると、「selvage」という語に出会った。不勉強ながら、この語を使ったことはない。 これ「織物の耳」という意味なんだそうだ。

「腹違い」って今でもいうの?

『新明解』をめくっていて、「異腹」という言葉に出会った。 いふく【異腹】「腹違い」の古風な表現。 む? 「異腹」が古風なら「腹違い」は現代風なの?

悪夢

「悪夢」ってなんですか。ぼくは単に「見たくない、いやな夢」の意味で使っていた。『新明解』を見ていてちょっと驚いた。 あくむ【悪夢】凶と判断される夢。「悪夢を見る〔=(a)不吉な夢を見る (b)悪魔に魅入られたとしか言いようの無いあってはならない所業…

「逐電」とは?

じじいなもので「逐電」という言葉は見知っている。昔の本なんかにはよく出てくるのだ。 たとえば芥川龍之介の『桃太郎』だ。 日本一の桃太郎は犬猿雉の三匹と、人質に取った鬼の子供に宝物の車を引かせながら、得々と故郷へ凱旋した。――これだけはもう日本…

「チキン野郎」は辞書にあるのか?

『鳥肉以上、鳥学未満』という本を読み始めた。『鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ』(面白かった!)を書いた人の本だ。 その中に「チキンバーガー」のことが書いてあった。 ハンバーガーは「ハンブルクの」という意味なので、チキンバーガーを直…

「ぺろり」。

辞書に「ぺろり」はあるか? ぼくはあるとは思っていなかったけど、実はたいていの辞書に載っている。ほとんどの人が辞書で引かずに一生を終える言葉なんじゃなかろうか? たとえば『日本国語大辞典』をみてみる。 ぺろり(多く「と」を伴って用いる)(1)舌…

「てりあう」ってなんのこっちゃ?

『新明解』をみていると「てりあう」(照り合う)という言葉が出てきた。語釈を読んだけれど、よくわからない。 てりあう【照り合う】(1)互いに照る。(2)対応する。 ちょっと何いってんのかわかんない。 これでみなさん、「照り合う」の意味がわかりますか?

「ラップ」ってどんな音楽?

年寄りなもので、「ラップ」って音楽を説明できない。「こんな感じだよ〜」と歌ってみるのにもすでに年をとりすぎた。 そんなわけで当然に国語辞典をみる。『三省堂国語辞典』あたりから? ラップ【rap】リズムに乗って、おしゃべりふうに歌う音楽。

「ハタチ」と「イソヂ」

「20歳」を「はたち」といい、「50歳」を「いそじ」ということには何の違和感もない。「そういうもんだ」と思っていた。どうやら、このふたつの言葉の「ち」と「じ」は仲間らしい。 発見したのは『新明解』の「いそじ」だ。 いそじ【五十】〔「ぢ」は「はた…

飛行機が走るのはなぜ「滑走」?

飛行機が空港などで地面を走ることを「滑走」という。なぜ「走る」じゃなくて「滑走」なんだろう? 「滑走」の定義は『大辞泉』を引こう。 かっそう【滑走】[名](スル)1 すべって進むこと。また、すべるように進むこと。2 飛行機が、離着陸のときに地上…

「注射」を国語辞典でみる。

「注射」を国語辞典でみたことなんてなかったな。けっこう面白い。 『チャレンジ小学国語辞典』では次のようになっている。 ちゅうしゃ【注射】皮膚に針をさして、薬を体の中に入れること。

「忠告」は「アドバイス」なのかどうか。

英和辞典で「advice」を見ると「忠告」と書いてある。ぼくの好きな『ランダムハウス英和大辞典』には次のようにある。 ad・vice1 忠告,助言,勧告,アドバイス;(医師の)診察,診断,(弁護士の)鑑定2 (特に遠隔地からの)通知,知らせ*1;*2 (政治・外…

シアサッテをめぐる東西対立

「やのあさって」ってのはけっこう難しい言葉だ。『小学新国語辞典』でみてみる。 やのあさってあさっての次の日。しあさって。【参考】地域によって、「しあさって」の次の日をいう所もある。

「くちなめずり」って言葉もあるんだよ。

「くちなめずり」、『三省堂国語辞典』にはないみたいなんだけど、『新明解』、『岩波国語辞典』、『明鏡』なんかにはふつうに載っている。 存在を知らないと、人が使ったときに「ちげーよ」とか笑ってしまいそうな言葉だなあ…。『日本国語大辞典』からひい…

「とちくるう」という語は辞書にない。

ほとんどの辞書に「とちくるう」という語は載っていない。ただし、たまに「とちぐるう」という言葉を載せているものはある。 だけど、どうも辞書の「とちぐるう」は、一般的な「とちくるう」とは違うような気がするんだ。 「とちぐるう」を載せる『日本国語…

「ルパン」は間違い via 広辞苑

『広辞苑』を眺めていると面白い項目に出会った。 「ルパン」。「正しくはリュパン」。 via 広辞苑 #国語辞典 pic.twitter.com/y3dl2cAzl0— maeda hiroaki (@torisan3500) April 25, 2019 「ルパン」と発音するのは間違いで、正しくは「リュパン」だと言って…

「せんもん」とは「ひよめき」のこと。

「ひよひよと動くから」ひよめきというんだそうだよ。なんじゃそれ。 ひよひよと動くから「ひよめき」。これなーんだ? pic.twitter.com/av2F63Srt2— maeda hiroaki (@torisan3500) 2019年4月5日

「スリル」は「楽しい」。

『日本国語大辞典』を眺めていた。「ほう」と思ったのは「スリル」の定義。「なにこれ、わかった風じゃん」みたいなことが書いてあった。 スリラー アーティスト: マイケル・ジャクソン 出版社/メーカー: SMJ 発売日: 2018/03/21 メディア: CD この商品を含…

青天井なぜ高い?

映画の麻雀放浪記が大好きで、何度も繰り返してみた。ドサ健の「これが青天井だ!」も格好良かったな。 ところで「青天井」。「無制限に高い」とか、そんな意味で使うんだと思うんだけど、いったいなんでだろう? 真田広之「麻雀放浪記」・かにやで銀シャリ…

「ふたり」を見るなら岩波国語辞典。

ふと、「ふたり」を国語辞典で引いてみた。 「ふたり」とは、「人の数がニであること」。 via 『チャレンジ小学国語辞典』 pic.twitter.com/aFXqiCYgT1— maeda hiroaki (@torisan3500) November 25, 2018 なんだか、奥が深いんだかそんなことはないのか、よ…

「迫撃砲」をめぐるあれこれ

ちょっと前に「迫撃砲」って言葉がニュースに何度も登場していた。自衛隊が演習で迫撃砲を打ったところ、演習地の外に着弾したという話。 自衛隊の迫撃砲が誤着弾 入力ミスが原因か(18/11/14) まあそんなことはあるんだろう。それはともかく。「迫撃砲」って…