読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気になる言葉 on 国語辞典

つい気になった言葉など、辞書で引いてみる

日本国語大辞典には「赤鬼」と「青鬼」が立項されている。その違いはなんだろう?

本日のKindle日替わりセールは『妖怪辞典』だった。これはちょっと面白そう。

妖怪事典

妖怪事典

まず興味を引いたのが目に着いたのは「青鬼」だ。

次のように書かれている。

かっこいい。登場して、出て行った。何者なのかよくわからない。なるほどなあと思いつつ、辞書で「青鬼」をみると、なんと載ってるじゃないか。手元の辞書で立項しているのは『日本国語大辞典』と『大辞泉』かな。『日本国語大辞典』を引いてみる。

(1)地獄で罪人を責めるという鬼の一種。全身青色をした鬼。
(2)青みがかった色の鬼簾(おにすだれ)。
(3)キュウリをいう盗人仲間の隠語。とげのある細長い形を鬼の腕に見立てたもの。〔日本隠語集{1892}〕

へ~。じゃあ「赤鬼」ってのはなんだ。やはり『日本国語大辞典』を見る。

(1)地獄で罪人を責め苦しめるという赤い鬼。
(2)検事をいう、盗人仲間の隠語。〔隠語輯覧{1915}〕

鬼としての存在は一緒なのか。あるいは人類には違いがうまく伝わっていないということか。

ないた あかおに (絵本・日本むかし話)

ないた あかおに (絵本・日本むかし話)

小型辞書はあまり「赤鬼」「青鬼」の区別をしていない。ただ、面白い「鬼」の定義もある。一番笑った『岩波国語辞典』第七版・新版を引く。

(1)人の形をし、つの・きばがあり、裸体に虎の皮のふんどしを締めている怪物。怪力・勇猛・無慈悲で、恐ろしい。

だはは。まあ、なんつうか、浜田廣介とは見解を異にするということだな。 

妖怪研究

妖怪研究