読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気になる言葉 on 国語辞典

つい気になった言葉など、辞書で引いてみる

『広辞苑』と『明鏡』、エッチなのはどっちだ?

「H」の読みとして「えいち」では立項していない『新明解』第七版だけど、「えっち」については次のように記述している。

〔エイチの俗な発音〕

そう書くなら「エイチ」も立項すべきと思うんだけどな。ついでに2番目に上がっている語義も書いておく。

〔Hentai(変態)の頭文字で、もと女学生の用語という〕性的な事柄に興味を示す様子だ。「―する〔=(結婚する意志もないのに好奇心に駆られて)性行為を行う〕」

全然知らなかった。「結婚する意志もないのに」なんていう条件が必要なのだっけ。「好奇心に駆られて」ってのは、年齢的な絞り込みなのかな。

タイトルに名前を出している『明鏡』は真っ向から(?)対決する。3番目の語釈。

〔俗〕性行為を遠回しに言う語。「恋人と―する」

「恋人」とするのであれば「好奇心に駆られて」ということもあるまい。『新明解』は少々面白くしようとする意識に引きずられた感じがする(今でもAだとかBだとかCだとかって言葉はあるんだろうか)。

学校では教えてくれない!  国語辞典の遊び方

学校では教えてくれない! 国語辞典の遊び方

閑話休題。

今日の主題はそんなことじゃなかった。もう「HTML」なんて単語も「国語辞典」に出ているのだろうなあと思ったのがきっかけだった。

ちなみに『新明解』第七版や『岩波国語辞典』第七版・新版にはない。『三省堂国語辞典』第六版にはある。

小型辞典にはないケースが多いのかもしれないけれど、『明鏡』にはあった。

エイチ-ティー-エム-エル【HTML】インターネットのホームページなど、ウェブに対応したページを作成するための書式

Languageなんだから「言語」にしてやればいいじゃないかと思うけれど、まあいいのかな。

広辞苑』第六版を見る。

エッチ‐ティー‐エム‐エル【HTML】 (Hyper Text Markup Language)データ記述用言語の一つ。ウェブでハイパー‐テキスト文書、すなわちホームページの文書を作製・整形するためのもの。文字のほか音声・画像の扱いが可能で、ハイパー‐リンク機能を持つ。

「データ記述用」なのか、マークアップすることが「扱いが可能」と同義なのか、少々悩むところもあるけれど、まあ一般的な説明。

と、いうか、語釈自体はわりとどうでもよく、気になるのは「エッチ」ティーエムエルの表記だ。

最近、「HTML」だとか、たとえば「HIV」。あるいは「HP」でも「HMV」でも良いけれど、わりと「H」は「エイチ」と発音するんじゃないか。

でも「エイチ」で引くと「エッチ」に飛ばされることが多いんだよな(小型辞典は「エイチ」の立項がないのが普通みたい)。

「エッチ」に、冒頭にあげたような意味があるせいかもしれないけれど、どうも「エッチ」という音は恥ずかしい。できるなら「エイチ」の方向で、一般化していくといいなあ。 

ところでタイトルの「どっちだ」。もちろん『広辞苑』の方がエッチであるということで、いーんじゃないかと。

少年H〈上巻〉 (新潮文庫)

少年H〈上巻〉 (新潮文庫)