読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気になる言葉 on 国語辞典

つい気になった言葉など、辞書で引いてみる

「純喫茶」とはなんだ?

「純愛」って言葉もあるね。中学生の頃は「プラトニック」という言葉を口に出したりもしたっけ?

まあ「純」の付く言葉があれば、その反語として「純」がつかない言葉が何か想定されているわけで、そういうのに胸を熱くしたこともあった(ような気がする)。

ただ、『大辞泉』第二版は面白くないんだなあ。

酒類のメニューを扱っていない喫茶店。

 え、そうなんだっけ? それじゃあがっかりだよ。「ふつうの喫茶店」ってか?

東京ふつうの喫茶店

東京ふつうの喫茶店

しかしこういうときに「意外に」広辞苑が頑張ってくれる。

コーヒーや紅茶などを供する以外に特別のサービスをしない、普通の喫茶店。

 確かに「普通の」喫茶店であるとは言っている。しかし「特別のサービス」への言及が嬉しいじゃないか。いったい何が特別のサービスなんだろう。読んだ人は(かなり)胸を熱くしていられる。

とかいってるうちにこんな雑誌が見つかった。「大人の」だけでエッチなんだけど「大人の名古屋」と来たもんだ。相当にすごいに違いない。

大人の名古屋 三河の料理人辞典 (HANKYU MOOK)

大人の名古屋 三河の料理人辞典 (HANKYU MOOK)